ページの先頭

宅建試験

プロが納得した宅建学習教材

宅建

宅建

当講座ココに注目!

宅建サンプル画面

宅建TOP » 宅建タイムクイズセンモネア

宅建過去問タイムクイズセンモネア

宅建タイムクイズセンモネア

内容について

<1問45秒という時間設定について>

通常、本試験の問題はまず問題を解く上での設定文があり、四肢択一で正誤を問う形式になっていて、全部で50問、肢数で200問という形式です。
これを2時間(120分)で解答するわけですから1題2分24秒で解答しなければならないということになります。一肢当たりでは36秒という計算です。
しかし、見直しの時間を取っておきたいので理想は一肢(一問)を30秒で解きたいところです。
そこで、「タ〜イムクイズ“センモネア”」は、一問一答式ですから全ての問題文に設定文が存在しますので、その設定文を読む時間として15秒プラスして1問45秒としたわけです。

<時間内に解けなくても大丈夫!>

万一、時間内に解けなくてもその問題の正誤(○か×か)を解答し、クリックしなければ次には進まないようになっています。
最初から時間内に解ける人は少ないと思いますので、ゲーム感覚でじっくり遊んでもらえばいいと思います。
でも、全て(1000問)を時間内に解答できるようになったら合格圏内でしょうね・・・。

<その他の特徴と効果的な使い方>

(1) 「タ〜イムクイズ“センモネア”」は項目別に区分けしてありますので、勉強したところや不得意な分野などの復習に便利だと思います。また、1項目当たりをなるべくストレスがかからない程度の時間で消化できるよう最大でも30問以内に区分けしてあります。
よって、問題数の多い項目(分野)は、さらに細分化してあります。

(2) 「タ〜イムクイズ“センモネア”」は、最後まで解答した後に正答率がでるようになっていますので、自分の不得意な分野がわかると思います。

(3) 「タ〜イムクイズ“センモネア”」は、一度聞いた項目でも、もう一度チャレンジすると問題が入れ替わるようになっています。
ですから、出題順と問題文を覚えてしまうようなことは、ある程度防げますので実力が付くと思います。

(4) 「タ〜イムクイズ“センモネア”」は、時間の経過音がでます。
この音はボリュームバーで消すことはできますが、なるべくなら消さずに解答した方が良いと思います。
耳障りだと思いますが、この雑音を聞きながら(というか雑音を無視できるくらい集中して)時間内に解けれるようになれば、相当な集中力が身に付いているはずです。
本試験では「ブツブツ言う人」「ガタガタする人」「救急車や車など外部の音」が必ず発生しますので、ここでそのような音が苦にならない訓練をしてもらえばいいと思います。

「タ〜イムクイズ“センモネア”」過去

第1巻 民法/借地借家法
第2巻 宅建業法/宅建業に必要な法令知識/宅建業に必要な税金知識
第3巻 法令上の制限/区分所有法/不動産登記法

宅建試験資格取得のために欠かせないアイテム宅建試験合格への道!ここにあります。

© 2007 宅建合格WebCD講座 All Rights Reserved.