ページの先頭

宅建

プロが納得した学習教材

講座

テキストについて

当講座ココに注目!

宅建サンプル画面

宅建合格WebCD講座TOP » テキストについて » 〈 はしがき 〉

〈 はしがき 〉

たっけんの試験は「何処まで勉強して、何処をどのように理解して、正確に記憶すればよいのか」という範囲が決まっていて、それをしっかりとクリアすれば合格できる試験です。

確実に合格するには、
1、出題範囲の内容をしっかりと理解。
2、ある程度正確に記憶。
3、その後過去問題等を解き、試験の特徴、出題の癖になれる。

という手順が王道です。

問題は「しっかりと理解し、ある程度正確に記憶する」という作業の段階で、多くの人が挫折するということです。ほとんどの人は、生活するために、仕事に従事している為、ここまですれば何とか合格できるだろうということがわかっていてもそれができず、時間だけが過ぎていき、結局あきらめてしまうというのが実際のところかもしれません。

ならば「しっかりと理解し、ある程度正確に記憶できる」テキストが存在し、なお且つそのテキストは容易に記憶でき、その後も忘れにくく、問題集的要素も兼ね備えており、短時間で(少ない勉強量で)習得できれば、何ら問題はなく解決できるわけです。

全くもって手前味噌ですが、本テキストこそが、それら全てを満たしているものと確信しています。

後で紹介する〈本テキストの特色〉と〈本テキストの活用法〉をしっかりと読んでいただき、本書をフル活用の上、インプットを行って下さい。
そうすれば過去問の7割は、必ず解けるレベルに達していると思います。

たっけんの試験を馬鹿にしてはいけません。いろんな人が受験をしますが、100人に15人しか受からない試験です。そして、不景気という社会背景からか、年々難問化しています。

私は、たっけんという試験は、あらゆる法律関係の試験の登竜門だと考えています。

たっけんの試験で得た知識は、その知識が正確で詳細であればあるほど、次の資格試験に直結してきます。司法書士、行政書士、土地家屋調査士、不動産鑑定士など、さらに難関といわれる試験に立ち向かう前に、とにかくたっけんをまず取得して下さい。

そして、久々に合格という喜びを味わってみて下さい。そこには味わった者にしか解らない何かがあります。その何かは、合格すれば解るはずです。

 » 〈 はしがき 〉 » 〈 本テキストの特色 〉 » 〈 本テキストの活用法

当講座専用オリジナルテキスト(PDF)の内容

第1巻 民法/借地借家法

 » 1巻α版の目次を見る

 » 1巻β版の目次を見る

第2巻 宅建業法/宅建業に必要な法令知識/宅建業に必要な税金知識

 » 2巻α版の目次を見る

 » 2巻β版の目次を見る

第3巻 法令上の制限/区分所有法/不動産登記法

 » 3巻α版の目次を見る

 » 3巻β版の目次を見る

宅建試験資格取得のために欠かせないアイテム宅建試験合格への道!ここにあります。

© 2007 宅建合格WebCD講座 All Rights Reserved.