ページの先頭

宅建

プロが納得した学習教材

講座

テキストについて

当講座ココに注目!

宅建サンプル画面

宅建合格WebCD講座TOP » テキストについて » 〈 本テキストの活用法 〉

〈 本テキストの活用法 〉

(1) まず《α版》をプリントアウトして、もしくは、画面上で、軽く読んで下さい。
そして、インプット講義を視聴してください。

このテキストと同じ内容の《レジュメ画面》が出てきます。そして、その内容をより理解できるように《図解パネル》を使って、解説しています。
その後、復習を兼ねて《α版》の内容をじっくり読み込んで下さい。

(2) 内容がだいたい理解できたら《β版》で、空白枠を埋める作業をしてください。

※この段階で、全て完璧に埋められなくても心配無用です。 そんなことは、まず出来ません。 文章を読みながら、下の解答と照らし合わせるような感じでOKです。

(3) (1)と(2)の作業を終えたら、《β版》に掲載している「過去問」を解いてください。

この作業により実践力が養われ、だいたいの出題の「癖」がわかるはずです。
※解答は各ページの下に掲載されています。
(解答は○×のみですが、WEB講座の過去問演習で、解説が視聴できます)
こちらもインプット講義と同じく《図解パネル》を使って、解説しています。
※ゲーム感覚で問題が解ける、『タ〜イムクイズ『センモネア』も、どんどん活用してほしいと思います。
「Web講座オリジナル タ〜イムクイズ『センモネア』の内容

(4) (1)〜(3)の作業を、各単元ごとに進めていきます。

その後終了した項目は記憶の忘却曲線を滑らかにするために《β版》を活用します。
つまり、学習が終了した項目は時間が経つにつれ忘れていきますから《β版》のページを常に持ち歩き、空白枠を埋めて重要事項を忘れないようにするわけです。
《β版》は1ページが、A5サイズというコンパクトなサイズですから、持ち歩きには便利です。

(5) 最終仕上げは、予想問題集等を購入し、とにかく本試験と同じ50問を2時間以内に解く練習をして下さい。

この時期が、本試験の1ヶ月前というのが理想ですが、10日前でもこの時期に集中して 行うと行わないのとでは10点ぐらいの差がつきます。
これは決してオーバートークではありません。
さあ、それでは合格を目指して頑張りましょう! 努力は裏切りません!

 » 〈 はしがき 〉 » 〈 本テキストの特色 〉 » 〈 本テキストの活用法

当講座専用オリジナルテキスト(PDF)の内容

第1巻 民法/借地借家法

 » 1巻α版の目次を見る

 » 1巻β版の目次を見る

第2巻 宅建業法/宅建業に必要な法令知識/宅建業に必要な税金知識

 » 2巻α版の目次を見る

 » 2巻β版の目次を見る

第3巻 法令上の制限/区分所有法/不動産登記法

 » 3巻α版の目次を見る

 » 3巻β版の目次を見る

宅建試験資格取得のために欠かせないアイテム宅建試験合格への道!ここにあります。

© 2007 宅建合格WebCD講座 All Rights Reserved.