ページの先頭

宅建

プロが納得した学習教材

講座

宅建受講生合格の声

ココに注目!

サンプル画面

宅建宅建試験合格WebCD講座TOP » 宅建受講生合格の声

宅建受講生宅建試験合格の声

東京都在住/「H・A」さん

1)宅建を受けることになったきっかけや動機。
宅建を受験することになったきっかけは、仕事上の要請です。
不動産業界に属しており、不動産の知識は必須となりますが、 その手始めとして、宅建を受験した次第です。
(ちなみに、落ちると面子丸つぶれになります(笑))

2)勉強の開始時期と平均学習時間
勉強をやらねばならないと分かってはいながら、なかなか 早くからは準備ができませんせした。
受験申込み後、初めて本屋で過去問を見てみましたが、 民法はともかく、それ以外については、全く歯が立たず、 独学は早々断念し、何らかの講座を受ける必要を感じました。
勉強を実際に始めたのは試験日の2ヶ月前になります。
とにかく分からないところは、講座を聞いて、過去問を見る ことに終始しました。
学習時間は2ヶ月の間のうち、土日などの休日は5時間以上 勉強にあてました。
平日は、通勤時間のみしか勉強できませんでした。
学生に比して、圧倒的に時間がない中での試験対策となりました。

3)教材の工夫の仕方や勉強方法
社会人の場合は、みんなそうだと思いますが、仕事で毎日遅く、 勉強をできるのは休日に限られてくると思います。
そのような限られた中にあっては、分からないことは考えても 時間の無駄ですので、最初は、とにかく講座を聞き、全範囲を 押さえることに集中しました。
その後、過去問を見て解説を聞くこと。
分からないことは、本を読むより講義を聴くほうが、効率的です。
(神宮司先生の講座は完全にマッチングしていてお勧め)

4)最後の追い込みの方法や精神的な面での気遣い
私の場合、学習時期と他者の追い込み時期とが重なっていたと おもいます。
時間の無さは、しょうがないと諦めて、やれることだけやろうと 決めてブレないことが大切です。
周囲をみると、高度な参考書、分厚い問題集、高額な講座など 目移りしそうですが、宅建は7割とれば宅建試験合格する試験です。
宅建試験合格するだけを考えれば、そんなことは必ずしも必要ないことが 分かるはずです。
そして決めたら、ブレずに実行すること。
そうしたら、誰でも宅建試験合格しています。

5)本試験会場で気をつけた点
本番前に、会場までの道端で配られる直前チェック集などは、 もらっても見ないこと。
会場で見るのは、これまで自分がやったものだけです。
本試験では、イメージどおりやることを心がけました。
変なことをやらないで、これまでやったとおりにやることです。
勝負は、当日決まるのではなく、やる前からきまっています。
普段どおりやれば宅建試験合格する人が、普段どおりやって宅建試験合格するもので、 自分が宅建試験合格しないはずがないと「本気」で思うことです。

6)最後に
私はいわゆる効率的に宅建試験合格した部類に属しているとおもいます。
最初にやることを決めて、それをやるだけです。
範囲が膨大で分からないなら、まず講座を聞くこと。
あとは、過去問を見ること。
これが大事です。

神宮司先生の講座は、効率的に対策を進めることができます。
ぜひ、がんばってください。

宅建合格受講生の声一覧に戻る

宅建試験合格をされた皆様、おめでとうございます。
これからの益々のご活躍を、心よりお祈り申し上げます。

宅建試験資格取得のために欠かせないアイテム宅建試験宅建試験合格への道!ここにあります。

© 2007 宅建宅建試験合格WebCD講座 All Rights Reserved.